自然とまちとひととの多様性を応援します!

多様性を育む取組を応援します!
わたしたちは、企業との協働により、里山の保全・活用を実践しながら里山の多様性の大切さを発信し、「いきもの」だけでなく「ひと」と「まち」の多様性を育むことを応援します。


『里山から未来を学ぶ』

Satoyama 里山に学ぶ多様性

次世代の社会につながる「ひと」の多様性を育むプロジェクト

持続性推進機構では、佐川急便(株)が東京都八王子市に所有する里山50haの保全と活用のために、佐川急便と協働して、かつてはその地域の人々の手が入ることで支えられていた里山の多様性の大切さ伝えるためのプロジェクトを進めています。
こども、ユース世代を中心に自然の多様性を保全するための活動を通じて、次世代の社会につながる「ひと」の多様性を育むプロジェクトです。

活動レポート

高尾100年の森プロジェクト

四季を通して、里山保全整備活動をはじめとして「いきもの調査」「ユース世代の活動」「里山での企業研修」などを行いました。

佐川急便(株)「高尾100年の森プロジェクト」サイト外部リンク


『企業の人づくり』

autonomy 人づくり

「人」の多様性を育むことが、社会課題解決の鍵に

社会経済システムの基盤を支える企業は、積極的に環境保全の視点を経営に取り入れ、新たに企業価値を創出すことが求められています。
企業価値の実現を支えるのは、組織における人材です。SDGsの実現に向け進展する社会で、企業ではどのような人材が求められ、組織としてどのように育成し、活躍させていくことができるのか、人材づくりを応援します。

環境の時代。発展する企業は「人づくり」から

環境 人づくり企業大賞

地球環境に配慮した企業経営の必要性を認識し、その実現のために行動する「環境人材」を育成する企業を奨励する取組です。