社会課題 新しい「あたりまえ」を応援します!

社会課題を発見し、
その解決に向けた取組を応援します。

わたしたちは、いま我が国の眼前に迫る、地球温暖化による異常気象に伴う自然災害、人類史上類を見ない少子・高齢化、さらにパンデミックとなった新型コロナウイルスによる想定外の日常など、山積する社会課題の解決に向けた取組を伴走支援します。


『新しい「あたりまえ」を探す』

TJ LAB ソーシャルアントレプレナー

環境・社会課題の解決を目指す若手起業家を発掘

社会課題をビジネスにより解決し、パラダイムシフトを加速化する若手起業家を発掘し、支援します。
新型コロナウイルス感染症禍により、世界中がニューノーマルを基調とした社会・経済の再構築に舵を切り始めています。新しい「あたりまえ」を探し出すことで、新たな社会に向けたパラダイムシフトの加速化を目指しています。

環境・社会課題の解決を目指す若手起業家たち

社会課題をビジネスで解決する!

新しい「あたりまえ」を探し出すことで、新たな社会に向けたパラダイムシフトの加速化を目指しましょう。

TJラボが始動!

TJラボの活動レポート

これまでの歴代プレナーや、活動報告、メンタリングの様子などを見られます。

『「ものづくり」が創る「その先」へ』

Kosen Project 全国高専ビジネスシードショーケース

一点突破だけがベンチャーじゃない!

日本の「ものづくり技術」のトップランナーとして高専生が持つポテンシャルを、地域における環境・社会課題に寄り添うことで解決につなげること。
高専生の課題発見力を起点としたビジネスシードの社会実装が地域の活力を創り出す!

地域の環境・社会課題を「ものづくり」で解決したい!

全国高専ビジネスシードショーケース ページ準備中

全国の高専生が、それぞれの地域で多様な環境・社会課題を発見し、「ものづくり」で「その先」の社会を創る。集まれ、未来の主役たち!

日本の「ものづくり企業」へ!

高専ピッチファクトリー ページ準備中

全国で高専生が発見した解決したい課題は?解決するための「ものづくり技術」は?高専生たちによる未知との遭遇ピッチをご覧ください!

『福島に「わくわく」を!』

Okuma Project 福島県-大熊楽柿舎

誰もが「わくわくすること」を運ぶ拠点運営を通じて福島復興を応援

2018年より環境省が取組を開始した「福島再生・未来志向プロジェクト」に共感し、私たちも、「福島に「わくわく」を!」をミッションに、いまだ町の多くが帰還困難区域に指定されている福島県大熊町にあって、避難指示が解除された特定復興再生拠点区域内にある民家を借上げ、多様なセクターが集い、福島にわくわくすることを運ぶ拠点となるよう2019年8月より『大熊楽柿舎』をオープンしました。

「わくわくすること」を運ぶ拠点運営

大熊楽柿舎における主なサポート ページ準備中

避難指示が解除された特定復興再生拠点区域内に民家を借り、福島に「わくわく」を運ぶ拠点『大熊楽柿舎』をオープンしました!

エコアクション21認証・登録企業アンケート調査

福島県内中小企業への意識調査

ダウンロード福島復興の重要な役割を担う、地域の中小企業を対象に、福島の現状についてアンケート調査を実施しました。(PDF 1.6MB)